障害のある社員は、コロナ禍で働き方がどう変わったか?

一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム(以下、ACE)は、ACE会員企業に勤務する障害のある社員を対象に、コロナ禍で働き方にどのような変化があったか、アンケート調査を行いました。

コロナ禍で併用も含め回答者の半数以上が、「在宅勤務」または「時差通勤」になり、また一時的も含め、長期・短期で在宅勤務を経験した社員は9割にのぼりました。コロナ禍以前より通勤が困難であった社員からは、もともと在宅勤務を望む声があり、コロナ収束後に元の環境に戻ってほしいとの回答は25%で、引き続き時間と場所の制約を受けない働き方を望む声が大多数でした。一方、在宅勤務時の課題は、「時間のメリハリがつけづらい」、「体力維持が難しい」、「自宅の通信環境や品質が良くない」、「会社より機器が支給・貸与されない」、などでした。

障害特性別にみると、聴覚に障害のある社員の9割が、「マスク着用による会話の困難」を課題とする一方で、在宅勤務時のオンライン会議は、「読み返しができる」「メールやチャットなど情報が文字として保存ができる形が主流となり情報共有が広がった」と生産性が向上したとの回答が多数ありました。

「マスク着用による会話の困難」は、聴覚障害の方のみならず、精神・発達障害のある方からも「表情が掴みづらく不安」という理由で多くの方が課題として指摘されています。

調査結果を解説した動画を制作しましたので、詳細は動画をご覧ください。

説明資料は、こちらよりダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=d74138-20210210-4086.pdf

ACEでは、この調査結果を今後の活動内容に活かしていくため、各部会、全体の定例会などで検討を進めます。障害のある方の困りごと、課題に目を向け、各社内で社員のエンゲージメントを高めていきます。少数意見を切り捨てず、「障害の社会モデル」へ挑戦し、誰一人取残されない社会の実現に向け、個社では解決が難しいことも、ACE会員企業同士の協働で社会に貢献していけるよう今回の調査結果を活用していきます。

<アンケート概要>
目的:障害のある社員のコロナ禍における働き方の変化を調査し、課題解決のための提言を行う
調査期間:2020年10月20日-11月9日
調査方法:ACE会員企業(37社)に勤める障害のある社員へアンケート調査
有効回答数:657
回答者属性:
事務職58.8% 技術職内勤18.9% 特例子会社勤務15.8% 営業職3.8% 技術職外勤1.7% その他0.9% 販売職0.2%
障害について 複数選択可 肢体不自由270 聴覚109 内部105 精神87 発達49 視覚48 指定難病31 知的15 その他5

また、調査結果について、ダイヤモンド・オンライン様に取りあげていただきました。
ぜひ、ご覧ください。

ダイヤモンド・オンライン
大企業で働く障がいのある社員は、コロナ禍でどうしているか?

https://diamond.jp/articles/-/264983

関連記事

  1. ACEフォーラム2019

  2. ACEアワード2018受賞者と理事との記念撮影

    ACEアワード 2018 受賞者発表

  3. ACEアワード2020 環境づくり部門特別賞
    ヤマトシステム開発…

  4. 第7期活動報告および第8期活動計画

  5. 職場で制服姿の上杉さん

    ACEアワード2020 個人部門特別賞 ベストメンター賞
    ANA…

  6. 花束を持つ鈴木さんと下野代表理事

    ACEアワード 2019 グランプリ発表