ACEフォーラム2019

ACEフォーラム 2109を2019年12月9日に東京・丸の内のMY PLAZAホールにて開催しました。基調講演、一般社団法人 企業アクセシリビリティ・コンソーシアム(ACE)の一年間の活動成果の報告およびACEアワードの発表を行いました。

基調講演には、全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士としてご活躍のおおごだ法律事務所の大胡田 誠(おおごだ まこと)様にご登壇いただきました。自身の生い立ち、家族との生活、仕事での困難とその克服方法についてお話しいただきました。障がい者と健常者のみならず人と人の間に壁を感じてしまった時、「まずは自分のことではなく相手のことを考えてみる、思ってみることでそこに心が生まれるのです」という言葉が大変印象的でした。大胡田先生の講演は、「ACEフォーラム2019 レポート」でご覧いただけます。

ACEフォーラムのダイジェストが動画で視聴いいただけます。

ACEアワードは、ACEの目指す「企業の成長に資する、企業の競争力強化に資する障がい者雇用」の観点から、そのモデルとなる事例の募集、発掘を行い表彰するものです。会員企業各社からの推薦を受け、厳正な審査のもと、ACEアワード2019 グランプリは、株式会社KDDI総合研究所 の鈴木 雅弘さんが受賞されました。バリアフリーな特徴を持つ音声通話の基礎部品である「スマートソニックレシーバー」の開発に携わり、常識にとらわれず、自らの経験と着想から障がい者のみならず高齢者にとっても使いやすい携帯電話・スマートフォンを商用化した素晴らしい功績が評価されました。詳細は、こちらの記事「ACEアワード 2019 グランプリ発表」をご覧ください。

そして、ACEアワードにノミネートされた14組にそれぞれ 特別賞が授与されました。
ACEアワード2019各賞受賞者と理事

ACEフォーラムの基調講演、来賓ご挨拶、ACEアワードグランプリ、各賞発表、ACE理事の挨拶は、「ACEフォーラム2019 レポート(PDF)」で詳細がご覧いただけます。ぜひダウンロードいただき、ご活用ください。
ACEフォーラムレポートのページ紹介

関連記事

  1. ACEアワード2018受賞者と理事との記念撮影

    ACEアワード 2018 受賞者発表

  2. 花束を持つ鈴木さんと下野代表理事

    ACEアワード 2019 グランプリ発表